2014年04月24日

ヨーグルトはインフルエンザに効くの?

最近では、ヨーグルトは人間の免疫力を高める効果があるという食材として注目を集めているそうです。

>>佐賀県有田町で行われた調査を紹介しました。
>>調査は、町の小中学生1,904人が参加し、「R−1乳酸菌」入りのヨーグルト(飲料タイプ)を1日1本(112グラム)、半年間、飲み続けるというものです。
>>すると、有田町の子どもたちのインフルエンザの感染率が、周辺地域や佐賀県全体と比べて極めて低いことが分かりました。
>>R−1乳酸菌は、発酵の過程で、「多糖体」と呼ばれる、糖を含んだたんぱく質を大量に作り出します。
>>この多糖体が、体の中に入ると、免疫機能で重要な役割を果たすナチュラルキラー細胞を活性化させます。
>>そのため、インフルエンザウィルスも撃退できたのはないかと考えられています。

<引用元:イチおし 新発見続々 すごいぞ!ヨーグルトの力|NHK あさイチ>

ヨーグルトは免疫力を上げる方法として優秀な食材ではありますが、あくまでインフルエンザが重症化しにくくなる程度で捉えておいて

常に体調管理に気をつけておくことも大事ですね

乳酸菌を増やすヨーグルト

プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by agy74tnd3i at 17:10| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。