2014年02月19日

ヨーグルトの上澄み

ヨーグルトの上に水のようなものがあるのを見た事があると思います。

あれは水ではなく乳清と呼ばれるヨーグルトと分離した栄養成分です。

高蛋白・低脂肪で糖分を分解する際に、必要なインスリンの分泌を促進したりと近年非常に注目を集めている優れた食品です。

そのまま一緒に食べずとも生クリームなどの代用品としてリゾットやパン生地に入れて焼いたり様々な物に用いる事ができます。

最近では北海道で乳清を与えて、飼育したホエー豚というブランド豚が話題になったり、乳清を取る事によってコレキストキニンというホルモンが分泌されて満腹感を感じ易くなるためダイエットにも効果があるというま研究結果も出ています。

こんなに体によい物を捨てるなんて勿体無い!

ヨーグルトから乳清が出てるなと思ったら取っておいて、別の料理に使ったり、一緒に食べたりすればヨーグルトの栄養を余すことなく取れるでしょう


健康に良いヨーグルト
今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト
posted by agy74tnd3i at 16:42| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

ヨーグルトでアンチエイジング

私達の腸内には膨大な数の細菌が棲みついていて、悪い菌と善い菌が日々、攻防を繰り広げています。

悪い菌が増えると腸内は腐敗し、それらの菌が発がん物質や毒素を発生し、老化を加速させ、様々な病気をひきおこすのです。

悪玉菌の増殖を抑え、私たちの身体を守ってくれているのが、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌なのですが、年齢とともに減少していきます。
なので、年を取ると病気になりやすいのは、当然のことと言えます。

見た目は若くても、毎日善玉菌は減っていく一方。
老化は腸から始まっているのです。

乳酸菌をたっぷり含むヨーグルトを常に食べる事により、腸内を綺麗にし、美容と健康を手に入れることが出来るのです。
一番効果的なアンチエイジングの方法、それは高価な化粧品でもハードな運動でもなく、常に腸内環境を整えることと言えるでしょう。

<引用元:ヨーグルトで免疫力アップ>

腸内環境を改善するなら
今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト
posted by agy74tnd3i at 16:28| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

便秘解消になるヨーグルトの食べ方

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、空腹時に食べると胃酸によって胃で分解されてしまい死滅してしまうんです。ですから、朝食にヨーグルトだけを食べても、食事の間にヨーグルトを食べても、せっかくの乳酸菌は腸まで届かずに終わってしまうのです!

お通じをよくするためにヨーグルトを食べるのであれば、食後すぐに食べるのがお勧めです。これだと食事したものが主に胃で分解されるので、乳酸菌まで分解されることはなく、腸まで届きます。

お通じをよくするためにヨーグルトを食べるのであれば、食後すぐに食べるのがお勧めです。これだと食事したものが主に胃で分解されるので、乳酸菌まで分解されることはなく、腸まで届きます。

ひどい便秘の場合は、ヨーグルト小皿1杯くらいに対して5〜6粒のアーモンドを粗く砕いたものを混ぜて一緒に食べると、より効果が高くなります。アーモンドに含まれる脂質が、腸内で善玉菌を増やす働きがあるからです。

<引用元:便秘解消のためのヨーグルトの正しい食べ方>

便秘解消に効果的
今注目の第3世代プロバイオティクス!
CMでもお馴染みのプロピルヨーグルト
posted by agy74tnd3i at 11:53| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。